防犯カメラ設置のメリット

監視カメラが役立った瞬間

2016年10月17日 15時06分

セキュリティー関連の職業に携わっていた頃の体験ですが、ある食品スーパーから依頼が私の会社に届きました。
依頼内容とは店内の商品のロスが大量に出たので原因の追究及び対応を任される事になりました。
先ず私の会社側に監視カメラを店内に設置する事にする所から始めるのですが
監視カメラの設置数に応じて依頼費が高くなる為、店側の出せる経費の範囲内で収める事も考えて
設置する監視カメラは店内の目立たない所や人の少ない場所に仕掛けました。

設置数が限られた監視カメラを何故その様な場所に仕掛けるかと申しますと
店内の商品ロスの原因が不正による事である可能性が高かったからです。

その為、不正があるとすれば人がいない様な売り場や死角になる所の周辺で行われる事が多いので、
監視カメラを設置してモニターを見ながら店舗を巡回する事になりました。

数日後に挙動不審な50代女性が店内に来店したのでカメラで監視していた所、
店内の商品を次々と買い物カゴに入れるのですが何でも高額な牛肉を数多く選び、
店内の目立たない所へ移動し買い物カゴから自分のマイバックに商品を移し変えたのです。

丁度、監視カメラを仕掛けた場所でしたので映像がしっかりと移っており、
店内を巡回していた人と連携を取って外に出て行った女性を捕まえる事に成功しました

その女性から話を聞いたら常習犯である事を聞いて前回の商品ロスの原因がはっきりしました。

関連ページ